PR会社|戦略PR・テレビ日経広報のコンサルティング

日経PR

日経

日経PR改

日経関連の媒体は、ビジネスマンなら誰でも知っている日本を代表する総合ビジネス紙です。

全国紙の中でも経済専門誌としてビジネスパーソンを中心に読者を集めている日本経済新聞。

発行部数では350万部も発行されています。

朝日、読売に及びませんが、経済界に与える影響力は大きいものがあります。

「日本経済新聞」の他にも、「日経産業新聞」、「日経MJ」、

「日経ヴェリタス」、「Nikkei Asian Review」を発行しています。

しかし、多くの企業が日経の取材を受けたいと思っていますが、簡単には行きません。

その為に重要なのが、しっかりとしたリサーチを基にした情報開発なのです。

 

企業の成長・ブランディングの要

日経に取り上げられる事で、製品やサービスの認知度向上はもちろんですが、

営業や採用にも活用する事ができます。

更に企業のブランディングにもなり、展示会、セミナー等で紹介するあなたの会社の

製品やサービスの信頼度が向上する事は間違いないです。

 

読者の多くはビジネスマンであり、大手・中小企業を問わず経営者であったりします。

日経新聞に自社の商品やサービスが記事として掲載されれば、その反響の大きさは測り知れません。

大手から中小企業まで、経営者、ビジネスマン、情報収集に熱心な人で

日経を見ない人はほとんどいないからです。

反響の一例として、

「日経に記事として掲載されたら、問い合わせが殺到した」

「WEBサイトのアクセスが10倍になった」

「セミナーの集客がしやすくなった」

「上場企業から提携のオファーがきた」

「ベンチャーキャピタルから出資の依頼がきた」

など多くの反響が期待できます。

 

まさに、企業のブランディングにの要になります。

 

正しく価値を伝え取り上げてもらう

日経への取材アプローチは簡単な事ではありません。

全国の数百万社と言う企業の多くが日経の取材を受けたいと日々願っています。

しかし、日経メディアの各紙がどのように、誰によって作られているのか、

どんな特徴を持つメディアなのか理解し、それに合う情報を提供する事で格段に取材に近づけます。

●初めて、新しい

●ナンバーワン

●最大、最小

●オンリーワン

●トレンド

●ストーリー性

●人物性

●イベント

日経にアプローチする際には、ニュースとして取り上げる価値は何なのかをはっきりさせ、

それによって誰にどんなメリットがあるのかを明確にする事が必要です。

しっかりとしたプランニングこそが日経取材への近道なのです。

その方法を知りたい方は是非当社へお問合せ下さい。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6675-3985 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

電通日テレTBSテレ東きこ書房毎日新聞日経ベネッセフジゼロックステレ朝博報堂アサツーディーケー日経BP

PAGETOP
Copyright © 株式会社FAITH BRAIN CONSULTING All Rights Reserved.